スポンサーリンク

波乱だった金曜日

昨日は、超波乱の一日でした。みなさんが寝ている間に仕事に行きましたが、札幌市はマイナス8度で猛吹雪。
それは、日中でも気温が変わらず、肌が少し痛い。それが波乱の序章だった。
仕事が終わり、一度家で仮眠を取り、「今日の天気なら、早いくらいが丁度良いから早く出よう。」と、手稲道場に向いて家をでました。
車に乗り込みエンジンをかけると、エンジンの警告灯が点灯し、4WDシステムチェック、そしてハイブリッドシステム警告灯が点灯。
コンビニで温かい飲み物を購入し、少し進むが、アクセルを踏んだ時のエンジンの回転具合が微妙に違う事に気がついて、いつも通る裏道から、少々混雑している表通りに移動した。
と思った瞬間、ブレーキ警告灯まで点灯しだした…
結果、アクセルを踏んでるのに、スピードが落ちてきて、車は停車した。
何度かエンジンをかけ直してみるが、エンジンがかからない。
そんな事を5分くらい繰り返していると、エンジンがかかり、普通に走り出した。
しかし、自分の家から手稲道場まで、昨日の天候なら1時間半はかかる。
でも、途中でエンジンが止まるよりマシだから、トヨタに駆け込みエンジンチェックをしてもらいました。


ロスした時間は1時間。
5時を少し過ぎていたが、何とか車が復活して、手稲道場に猛ダッシュするも、20分遅れて到着。
こんなバタバタな出来事もあり、節分の豆まきが出来なかった(-。-;
その分、今日やろうかな(^^)
さて、肝心な道場では、何が行われているか心配だった。
中高生くらいなら、LINEで状況をやりたりしながら指示を出せるが小学生は持ってない子がほとんどだし、そもそもLINEも知らないから指示も出来ない。
コノハはインフルで居ないし、シモンは怪我をしてて、まだ年上に遠慮して仕切れないし、いつもニコニコして仕切りきれないテツはタイキと鬼ごっこしてる可能性大だし…
ソウタロウの責任感に賭けるしかないのか!
と不安を考えながら階段を登って行った。
そうすると、準備体操と基本稽古は終わりましたと言って、怪我をしない可能性の大きい型の稽古をやっている。
しかも、ソウタロウとテツが中心になって、後輩達に教えてくれている。彼らの責任感に感謝します(^^)さて、一般特訓では、
居残りとモトと少人数で稽古をしました。
モトがボソっと、さみしいなぁと言ったが、元々はこの人数でやり始めたじゃんと会話し、インフル大流行と悪天候が重なったせいだと思うようにしました。
でも、モト、ケイト、シモンは、少人数だから出来る身のある稽古が出来たと思う。
さぁ、今日も稽古頑張ろう!

      2019/03/22

 - 未分類