スポンサーリンク

意味

昨日の稽古中のこと。
いつもは、タイマーで時間を図りながら、腕立て我慢や腹筋我慢などをするのだが、少し考えることをさせようと思い、自分が出す問題を答えられるまで我慢をすると言う方法にしてみた。
昨日出した問題では、山と言う感じが入っている都道府県名を3個言えたら終了とか、動物の名前の入ってる都道府県名を2個言えなど、みんなが答えることができそうな問題ばかりを選んで出してみた。
その中でも、動物の名前が入っている都道府県名を言えと言った時に、鹿児島県や鳥取県が出てくると思っていたが、兵庫県が出てきたのには驚いた。
漢字で書くと間違いなのだが、ひらがなで書くと、「ひょうご」となり、豹となるからと答えが出た。
子供たちの発想力の豊かさに少々驚いたが、決して間違いではない。
問題を出すときに、漢字で答えろと言う事は一言も言っていないから、おそらく某番組の某クイズ番組だとファインプレーと大盛り上がりするのではないだろうか。
さて、話は変わり、1か月程前に、うちの団体の師範が、師範になってから20年を迎えられたので、一つの区切りとして、指導員が集まり食事会をしました。


その時に、極真北海道で、はるか昔からお世話になっている小笠原社長から、とてもありがたいお祝いの品を頂いた。


それを、あるタイミングまで道場の神前に飾ってある。
社長からお祝いの品を頂くときに、その縁起を担いだ意味を教えて頂いたのを思い出し、子供達にヒントを小出しにして、クイズ形式にしながら、その意味を考えさせた。
クイズの答えがなかなかでてこなくて、最終的に伝えたかった事は来週までの宿題、と言うふうになったのだけども、このご時世スマホで操作をすると何でも出てくる。
稽古が終わり家に着いた頃の時間に、2人の子から、その意味の模範解答をされました。
「おぉ、凄いね。良くわかったね」
と褒めていると、ごく普通にスクリーンショットが送られてきて
「これですよね?」
とアッサリ言われ、複雑な気持ちだ。
みなさんは、このお酒の意味わかりますかなぁ…
ヒントは、二升五号

   

 - 空手