スポンサーリンク

ネットの書き込み

最近のネットの書き込みは、無責任すぎて具合悪くなりますね。
自分もブログやFacebookなどのSNSに様々な書き込みをする。
自分が誰かわかっていると言うのを前提に、ブログを書いたり情報発信をしている。
ネットでは、名前も名乗らず、自分が誰だかを明らかにすることもなく書き込みをする人がいる。どの立ち位置で、どの口が言っているのか?
と言うほど上から目線でものを言っている奴がいっぱいいる。
書き込みの内容を見ていると、ごもっともな意見もあるのに、何も名乗らず匿名で書き込みをしているだけで、全て台無しになってしまい、正論であっても、輩の誹謗中傷にしか見えない。なにより、自分の基準で書いているから、余程の常識人なのか、一度お目にかかってみたいと思う。
また、なんとなく知っていることを拡大解釈して、1とか2くらいのことを、10も20もあるように拡大して言ったり書き込んだりする人がいる。
人伝いに聞いた話は、必ず次の人の考えも乗っかって話が伝わるので、取り返しがつかない位大きな話になってしまう。
小学生の頃にやった、伝言ゲームなど良い例えになる。
女子高生の噂話で、銀行が破綻に追い込まれたと言う事件があったが、現在のネットの書き込みは、人の命を奪うほどの恐ろしいものになる。
また、ネット上では永遠と残ってしまう。
何度も言うが、名前も顔も身分も明らかにしないで批判ばかりできる人は、どれだけ偉い人なのか、どれだけの常識人なのか、本当に会ってみたいと思う。
以前の職場では、制度としてメールによるクレームと言うものがあった。
その時、匿名希望で出してくる人は、「チョコレートを食べていた」と言う事実があったとしたら、「チョコレートをばくばく両手に抱えて食べていた。だからアイツは糖尿病だ」などと、事実に自分の考えを乗せて、とんでもない話になってしまっている。
また、名前などを明らかにしても、顔が見えない分、メールでひどい言い方をして、
「どういう教育をしてるんだ」
「だからお前んとこはダメなんだ」
「やっぱりライバル社のほうがいい」
「お前んとこの看板を背負って車はもう二度と街の中を走らせるな」
など、ありきたりと言えばありきたりなのだが、言いたい放題で、結局はストレスを発散してるんだろうと思える様なクレームも多い。
そういう人たちに限って、直接謝罪に行ってお詫びをすると
「いやいや気をつけてくれればいいんだよ。もう来てくれたって言う気持ちが伝わったからもういいです」
など、面と向かって話すと、何も言えずに、尻込みするような奴らばっかりだ。
ある会食の席で、仲良くしている先生が
「影でものを言っているような男らしくない事は嫌だ」
と言っていたが、本当にそう思う。どんな書き込みにしても、自分で責任待てないなら、やめた方良いよと、思います。

      2020/09/04

 - 日記