スポンサーリンク

最近出てきた話題でも無いのだが、コロナ禍でバタバタしているのに、今更出てきた問題なのか、蓋をして見えなくしていたから、あちらこちらで浮き彫りになってきたと言う気もするがね。
携帯電話が進化し続け、大切な事はFace to Faceでやり取りするのが当たり前から、電話が当たり前になり、今ではLINEを含めたメールが当たり前になっている。
言いづらい事こそ先に言え。
話しずらい事は、Face to Faceとか、膝を突き合わせて話し合う。
もうこの考え方は、昭和の考え方で古いのか?
距離的な問題、緊急性が必要な時間的な問題などがあれば、電話やメールになるのは致し方ないと思うけど、やりますとかやめますとか相談したいですとか、大事な事は電話やメールではねぇ…
もう二度と顔合わせなくて良いと思っての行動であったり、相手が目下の者への話であれば、それも有りかもしれないが。
でもね、目上の人に対してとか、お世話になった人には、筋を通さなくてはならないと思います。
特に若者達は、自分一人で成長してきたと思っているのか、何を勘違いしているのか。
自分ルールと自分基準が多過ぎて、今の若者達が社会人になって社会に通用するのか、とても疑問だ。
空手を通じて得るものが多いはずなのに、肝心な事が出来ない若者がいるのが現実だ。
一部の出来ない若者の言動を見て感じた印象が、実は出来ている後輩達にも影響する。
自分も含めて、「あいつは何なんだ?」と言う印象の若者達を見れば、その他大勢の若者達の事も、十把一絡げにして見てしまいがちになるから、義を貫こうとする人には迷惑だ。
もちろん、若者の中にも、義を貫き、さすが〇〇くんと言う人もいる。
このブログを読んで心に違和感を感じた人は、心当たりがある人だと思う。
世界に自分一人で生きているなら、感じた違和感を怒りにして、どこかに八つ当たりすれば良い。
でも、人と人とが尊敬し合い、認め合い、助け合う、現世界で人生を全うしようと思っているなら、考え方を切り替えるには今しかない。

   

 - 空手