スポンサーリンク

大会に参加して

昨日、うちの少年部達が、チャレカラに参加してきました。
コロナ禍の大変な時に開催していただきありがとうございます。
いつも稽古の時には、もっと言ってる通りにやれ!って思ってるんだけど、試合を見ていたら、言っている事を忠実に守って試合をしていて、意識は出来ているんだなと思いました。
自分はいつもの様に審判をさせてもらっていましたが、最初から最後まで緊張しまくりで、汗だくでした。
しかし、汗をかいたわりには体重は変わっていません(泣)
いつも参加させて頂いているなかで、入場チェック、消毒や感染対策など、全員がきっちりルールを守っており、「大会が成功する理由」が明確になっている。
再来月、全道大会をやります。
3月にライオンズカップを行いましたが、これも参加させていただいている大会を参考に感染対策のルールを打ち出しました。
残念ながら道場生の少年部でも言わないような言い訳をして、ルールを守らない指導員や大人がたくさんいました。
この状況からみて、中途半端な感染対策と、一部の人はルールを守り、一部の人はルールを守らないと、中身がグダグダになりそうな予感がする。
この予感は、僕の競馬予想より当たると思う。
今僕の頭の中に数名の顔が浮かんでいるが、その人たちは「俺1人ぐらい大丈夫」とか、「聞いてないから知らない」など安易な気持ちでルールを守らない人が出てきそう。
ルールとして、これだけは守ってほしいと配布していても、おそらく1行も読むこともなく会場に来て、ルールを守っていなかった事実が残っているので、次も同じことが起こりそう。
それを匂わせる状況が昨日の一場面であり、それを見ていた他団体の先生が苦笑いしていた事は胸にしまっておこう。

   

 - 未分類