スポンサーリンク

大規模なイジメ

また緊急事態宣言という、国を挙げて国民イジメが行われます。
特に飲食店や関連の業者には大打撃。
前回は、飲食店に関わる業種や旅行関係の、緊急事態宣言や蔓防に影響を受ければ、いくらかもらえる給付金があったが、毎日の売り上げに比べたらトイレで流すトイレットペーパー代にもなるとかならないとか。
うちらのような空手道場とか類似の業種には、給付金はあまり縁がない。
もし縁が有ったとしても、前年比50%以下だとか、専門機関のヒアリングが必要とか、ハードルが高すぎるから、ほぼ泣き寝入り状態。
飲食店が休業を受けて、もちろん飲食店が大打撃だが、自分のような単身者にも打撃はある。
仕事帰りにちょっと食事してが出来ない。
そうなると、スーパーの惣菜の残りやコンビニ弁当などが多くなる。
国家を挙げて栄養を偏らせて体調を悪くさせようとするのは、コロナワクチンの陰謀論と密接な関係があるのか疑問だ。
いずれにしても、緊急事態宣言が出る地域は、国家が国民をイジメていると、自分は思っている。
去年の同時期には、感染者数もかなり減って、ウイルスは夏は増えないと言っていたのはどこに行ったのか…
コロナウイルスのバカ野郎〜

   

 - 未分類