スポンサーリンク

ついに行ってきた

前々から、偏頭痛が発症すると最悪なほど頭が痛くて、軽くめまいがしたりフラフラしたりと体調不良になることがあった。
本日は朝から頭が痛く、H先輩からの勧めで高血圧の薬をもらおうと思って病院を調べていた。
しかし、頭痛がひどすぎて、頭痛専門医を見つけたのでそこに行ってみた。
MRI、脳波、心電図などの検査を行い、若干血圧は高かったものの、原因らしいところを突き止めた。
実は、狭いところが好きじゃなく、MRIをやっている時は、いつ緊急停止ボタンを押そうかと思うほど、冷や汗ものだった。
大きな原因は肩こりと、脳に感じるストレスは普通の人より敏感だと言うこと。
そして、目の調子も良くないようだ。
視力が悪いとかって言うわけではなく、目の裏のなんとかかんとかでって言う説明をされたが、あまりよくわかっていない。
少しの間薬を飲んで様子を見ようと言うことで、28日分薬をもらった。
そして、頭が痛くても極力鎮痛剤を飲まないでほしいと言う事だったので、今日頭が痛いまま 1日を過ごしたので地獄だった。
おかげで今は吐き気も催して具合が悪い。
そんな中、うちの道場の後援会長様が審査のために方の秘密特訓にやってきた。
うちの生徒たちと一緒に方をやっていると、ふざけてやっているようにしか見えなくて、全然上達しないなと思っていたが、今日単独で型をやっているのを見ると、意外と上達していて驚いた。
まだ正式発表していないが、来月行う合宿では、各帯の参加者の人数がある程度揃う事から、帯別で型の試合を行う予定だ。
軽く内容を言うと、帯別の参加者でトーナメントを組み、指定した型で勝敗を競う。
優勝と準優勝には、賞品を用意している。
各帯別の中でも茶帯は1番参加人数が多いため、上位3位が4位まで賞品を出せるように動いている。
それはそれで楽しみなイベントだと自分は思っている。
稽古が終わってから、昔の北海道大会の動画を見ながら、裏話など解説をしながら笑いながら見ていた。
やっぱりあの時代が一番良い。

   

 - 空手