スポンサーリンク

ステップアップ

最近、ちょっと嬉しいステップアップを見た。
稽古に来る時に、親の送迎で来ていた子たち。
その子は、家から歩いて来れない距離じゃないとこに住んでいる。
数週間前のこと。
いつも遅れて来たり、送迎が無いと来れないと言う事から、色々な話しをして、「自分で来れるようにしたらどおだ」って言う話しをした。
その時に、よく例え話しで出すのが、一緒にオーストリアで試合をしてきた戦友の三銃士達の事だ。
銭函からチャリで来たとか、千歳までチャリで行ったとか、車だって何十分もかかるところを、自分でチャリを漕いで、しっかり自分の足で立っている。
足腰も強くなるし、これから稽古に向かう気持ちの切り替えや、稽古が終わってから考える事も出来るなど、何より親離れをして自分の事は自分で出来る様にと言った事を話した。
少し話しは逸れるが、大会や合宿などの行事の申し込み用紙もそうだが、それも関係していると思う。
ほとんどの用紙を一通り目を通すが、戦友の三銃士達もそうだったし、その後に続く「強い子たち」は、申し込み用紙も自分で書いているの人が多く見受けられる。
申し込みを自分で書いて、大会出場に覚悟を決めていると、自分は思っている。
つまり、そこから勝負が始まっているのではないかと思う。
自分が中学や高校の時、今とは違ってゼッケンは縫い付けるものだったが、全て自分で縫い付けていた。
道着の袖に付けるワッペンも自分で縫っていた記憶しかない。
そんな話しをした事すら忘れていたけど、昨日稽古に来た帰りに、いつもの送迎の風景と思って外に出ると、ニコニコ笑いながらチャリに乗っていた。
あの時に話した事が響いたのか、たまたまそのタイミングでたまたまチャリで来てたって話しだったのかわからないけど、そのチャリで来ている姿は、彼が入門してから6年間で初めて見た姿だった。
そのステップアップした事に嬉しい気持ちになれた。
間違えなく少しずつ成長している。
これから先も楽しみだ。

   

 - 空手