スポンサーリンク

JKJO前後の日

まずは、JKJO全国ジュニア、関係者の皆さん、選手のみなさん、関わってくれたみなさん、お疲れ様でした。
とてと良い大会をありがとうございました。
大会はとても良かったのに、出発から帰宅まで、行き帰りの行程が少々微妙なでした。
まず出発日。
飛行機の時間があるから仕事を早めに切り上げてもらう約束をしていたが、現場で終わった時間が10分くらいしか変わらず、あまり意味がなかった。
本部で赤石と待ち合わせしていたのだが、千歳空港までバスで移動しようとしていた。
バス停は、本部から歩いて5分だから、あとはバスで楽チンと思っていた。
出発時間は14時20分だと思っていたら、13時50分に出発してしまっている。
うまり、地下鉄とJRで行かなくてはならず、その時点で歩きまくった。
そして今日の出来事が今年一番の出来事と言っても過言ではない。
羽田空港を歩いていると、昨日高校生チャンピオンになったGOチャンに会った。
その後、空港ラウンジでTKY先生に会って、またねーと挨拶をした。
そこまでは、上出来で、明日からまた仕事か、もう少しゆっくり、もっと遊びたいなぁという気持ちだった。
さあ、いざ飛行機に乗り込む寸前にトイレに行った。
その時に何か足りないことに気がついた。
普段肩からかけているバックをラウンジに忘れた事に気がついた。
待てよ、財布には結構多めに現金があり、カード類もあるぞ。
車の鍵もあるから、このままじゃまずい。
搭乗口のスタッフに声をかけた。
ラウンジで座っていた特徴を説明して、捜索してもらった。
しかし、全然見つからず、とりあえず出発して出てきたら取り置き保管するか、便を変えて自分で捜索するかどちらかでと決断を迫られる。
泣く泣く赤石だけ出発させて、1人テクテクとラウンジに戻って座席を確認する。
全然普通に置いてありましたが?
ラウンジのカウンターでバックがあった事を知らせて、振替の便の話をすると、これまた衝撃的な内容。
そもそも帰りに乗る便ではクラスJにアップグレードしていた。
だからそのままのスライドなのかと思ったら、クラスJは空いてませんし、普通席に移動してください。
その時の差額はどうなりますか?
と聞くと、そちらの都合に合わせての便の変更なので返金はできません。
散々だ。
あんまりだ。
悔しい気持ちで振替便の搭乗口付近に行くと、H口先生と初代インカレチャンピオンがいた。
少し待ち時間は長かったけど、いろいろ話していると、あっという間に時間は過ぎた。
これまた凄い偶然なのが、んじゃねぇと先に飛行機に乗ると、間をあけて初代インカレチャンピオン一家と同じ列の席だった。
でも飛行機では爆睡。
札幌に着くともう真っ暗。
やっぱ行動には余裕を持たなければ、こんな風にバタバタするって事かな

   

 - 日記